ロードセルと企業実績は重要です

ロードセルの高い技術と問題解決に注目です

ロードセルで正確で効率よい業務を目指せます

品質管理に力を入れる事も大切なポイントです

工場で製品の製造を進める際に、品質管理に力を入れる事も大事なポイントであり、企業の信頼を守るための厳しいチェック体制をきちんと作ることが求められます。ロードセルは、工業用の計量器などの精度の高い秤や品質管理として利用されており、品質の良い物を見つけて、使う事も重要になります。将来の企業の活動を考えていく際に、新しい製品を取り入れる事にも注目することで、よりチェックを正確に行う事につながったり、業務の効率化につながる場合もあります。今までの破壊検査は、1ロットのうち1箇所のみを抜き取り、チェックを行うひつようがあり、数万、数十万ロットの全てのワークは検査できない問題があるなど、手間がかかる事にも注目です。しかし、抜け力と相関関係のある圧入力の良否判定によって、作業しながらでも全数検査が可能な装置もあり、問題点を解決して、より正確で効率よい業務が可能です。

様々な製品で活躍する事に注目です

携帯電話の場合、ロードセルを使って、ワークにかかる過負荷を避けるだけではなく、エアー圧のばらつきから来るプレス機の押し圧不足も避けることもできるなど、問題解決を目指せます。また、DVD-ROMやBlu-rayレコーダーには、小型モーターが搭載されていますが、メタルベアリングの圧入を考えていく事も課題です。最後の押切りで破壊する事も考えられるため、新しい装置への見直しを行い、荷重の管理と不良品の発生を防ぐことにつながります。実績があり、信頼できる企業の製品を使う事で、不具合が起こる心配なく、今までの問題点を解決できる可能性があります。自動車部品だけではなく、家電製品など、様々なシーンで使う事ができる物なので、他社にはまねできない高い技術にも注目です。

トータルなサポートに注目する事も大事です

新しい製品を導入する企業は、コストを抑える事や導入前のクオリティばかり追求するのではなく、トータルでサポートしてくれ、長いお付き合いができる取引先を見つける事が大切です。プレス加工の品質管理に欠かせないロードセルなどの製造の実績があり、高い評価を受けているところを見つける事もできます。品質が良いことは分かっていても、他メーカーとの組み合わせが難しいと感じ、あきらめる方もいますが、トータルでサポートしてもらえると安心です。トータルでサポートしてもらう事ができれば、導入後のトラブルにも柔軟に対応してもらう事ができ、品質が高い製品を使えるようになるため、まずは相談をして、具体案を提供してもらう事も大事です。

人気記事ランキング