測定機=ロードセル

ロードセルは測定に必要な機器です

計測機器に欠かす事が出来ないロードセル

計測機器には大抵使用されています

製造業において欠かす事が出来ないものに測定機器類があります。これらの測定機器には様々なものが、様々な用途に合わせて用意されています。ものを作る時において、そのものが安全に使用できるように原材料などをきちんと計量や計測を行い適正な規格に準じているかどうかを調べなければなりません。鉄板を使用するならばその厚みや強度などが製造マニュアル等で定められている場合ほとんどです。この時の強度測定などに使われる測定機器には必ずロードセルが使用されています。

引っ張り強度や、圧縮強度の測定に欠かす事ができないものにロードセルがあります。ロードセルはこれらの測定した負荷を数値化するのにとても重要で必要なものとなっています。測定機器に使用するロードセルはどのようなものでも良いわけではございません。日本国内には計量に関する法律がきちんと整備されています。この計測には用途に合わせて様々な方法があります。その様々な測定に対して法律上許される誤差などの基準がきちんと定められています。使用するものは必ずこの基準を満たしたものでなければなりません。基準を満たしているかどうかは、ロードセルが基準を満たしていることをきちんと計測できる、公的な認可を受けた事業所などに測定をしてもらいます。

計測機器に使用されるにあたり精度が求められます

公的な機関などに認可をもらったロードセルは様々な測定基準に準じた基準を満たしています。測定時に精密な精度での測定を行う事が出来ます。これらのロードセルを利用した測定機器は定期的に測定精度に問題がないかどうかを調べなければなりません。これらの検査は校正と呼ばれ基本的には年に一度計量法において行うよう定められています。校正はもちろん、公的な機関に認可を得た事業所などに行ってもらわなければなりません。使用されているものはきちんと校正においてその精度をチェックしてもらわなければなりません。日本国内で使用されているロードセルは基本的には計量法のもと、きちんと測定に適した精度を保っているものが流通しています。特に製造業においての精度は非常に重要なものとなっています。ロードセルは様々なものが様々な測定に合わして用意されています。各種測定機器にはそれぞれの測定機器にマッチしたものを適切に使用しなければなりません。適切なもの使用していれば、測定機器による測定結果も非常に精度の高いものとなります。測定機器にマッチしたものを適切にチョイスするにはやはり製造メーカーとの情報交換が必要となります。製造メーカーは様々な測定機器に対するノウハウと経験を持ち合わせています。新たに適切なものを製造してもらうことも製造メーカーなら可能です。

人気記事ランキング